No 112 ひとり農作業(秋すすむ)9月24日

9月も後半になり、めっきりと涼しくなって来ました。
雑草の勢いも弱くなり、何かと秋の気配を感じる田舎の畑です。
久しぶりの更新です。訪問いただきありがとうございます。

彼岸花が盛りに。1週間前には、何もなかったところにまとまって
咲いていました。
d0341514_21185074.jpg
d0341514_21191044.jpg
d0341514_21190141.jpg
d0341514_21193050.jpg
フジバカマが僅かですが咲き始めています。以前は、群生していたが・・・
草刈が原因か?ほとんど姿を見なくなっていました。
d0341514_21200267.jpg
この花が咲くところには、アサギマダラがやってきますが・・・。
d0341514_21201018.jpg
カキの実に黄色が目立つようになりました。
d0341514_21205394.jpg
ジャンボピーマンは、今週が一番の収穫になりました。重さと台風で支柱が
支えきれなくて横に倒れていました。
d0341514_21211069.jpg
シシトウも一番の収穫に。
d0341514_21211711.jpg
雨が十分降ったのでナスビも大きく成っていました。
d0341514_21212561.jpg
d0341514_21213220.jpg
オクラも最後の力を振り絞り大きくなっていました。
d0341514_21225703.jpg
d0341514_21230595.jpg
新たに植え付けた苗たち。(キャベツ、ブロッコリー、白菜、カリフラワー)
d0341514_21224646.jpg
今日の収穫です。
d0341514_21215468.jpg
d0341514_21215924.jpg
西条ガキのづくしと富有柿。そして青シソの実。
d0341514_21223467.jpg
台風の被害も思ったより少なくホットしたところです。
今年は、柿が豊作のようですが・・・うれしさ半分です。
次回のお越しをお待ちしています。ごきげんよう。

季節・四季写真ブログランキング参加中です。ポチットクリックうれしいです。にほんブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村
[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-09-24 21:48 | 田舎の畑 | Comments(0)

No 111 山上のロックガーデン(塔ノ丸 1713m) 後

もう少し山頂に留まりたいという思いを抑えて下山開始。ガスはだいぶ高くなり
視界が利くようになったけれど、剣山、次郎笈、三嶺の人気もの三山は、相変わらず
雲の中へ隠れたままです。訪問いただきありがとうございます。



約4km先の登山口目指して折り返しです。左前方の小高い
笹原の山が1682m地点です。その向こうは、丸笹山~鞍部の見ノ越~剣山ですが
山はまだ雲の中です。
d0341514_21072934.jpg
前方の見ノ越(鞍部)と雲に隠れる剣山~次郎笈。
d0341514_21074046.jpg
丸石~高ノ瀬辺りか?稜線がくっきりとスカイラインを描いている。
d0341514_21075753.jpg
塔ノ丸山頂下のウラジロモミの林。
d0341514_21081064.jpg
スカイラインの向こうに石立山が僅かに頭をのぞかせている。
d0341514_21084828.jpg
先ほどまでいた塔ノ丸山頂方面。
d0341514_21090473.jpg
なだらかな笹原の一本道。登山口目指して一路東へ。
d0341514_21092588.jpg
山頂がだいぶ遠くなって来た。1682m地点も通過。
d0341514_21100126.jpg
祖谷渓を挟んで三嶺方面への稜線がくっきりと見える。(剣山←→三嶺)
d0341514_21101994.jpg
d0341514_21111146.jpg
雲の中に薄っすらと剣山の輪郭が。
d0341514_21113304.jpg
振り返るとはるか後方に待望の三嶺が顔を見せていた。
d0341514_21121295.jpg
見ノ越(鞍部)を挟んで丸笹山(左)、剣山(右)の雲も少しずつ
薄くなってきた。
d0341514_21125309.jpg
剣山~次郎笈の稜線。
d0341514_21130809.jpg
笹原の中に巨岩が点在。
d0341514_21132612.jpg
丸笹山から雲がとれて山頂の笹原がうっすらと見える。
d0341514_21144559.jpg
もう少しで剣山、次郎笈が顔を覗かせそうだ。
d0341514_21151976.jpg
鞍部の見ノ越にある建物が見えている。
d0341514_21153789.jpg
d0341514_21161707.jpg
小さくなった塔ノ丸の向こうに三嶺。
d0341514_21171404.jpg
三嶺をアップで。風格のある佇まいですね。
d0341514_21173859.jpg
ついに次郎笈が顔を覗かせた。
d0341514_21175765.jpg
次郎笈から丸石方面の稜線。
d0341514_21181361.jpg
青空も出現。
d0341514_21191124.jpg
d0341514_21193822.jpg
巨岩と次郎笈。
d0341514_21194666.jpg
遠く東の剣山方面から三嶺への稜線。右手前は、塔ノ丸。
d0341514_21201411.jpg
三嶺・塔ノ丸・巨岩
d0341514_21202311.jpg
剣山・次郎笈の揃い踏み。
d0341514_21203657.jpg
1579.4mの三角点か?
d0341514_21204977.jpg
登山道から少し外れた三角点で山ごはん。
d0341514_21211540.jpg
上をみると青空が。
d0341514_21213139.jpg
なんでしょうか??苔の一種?
d0341514_21215096.jpg
剣山が山頂まで確認できるように。目を凝らせばリフトの西島駅や山頂の雲海荘も
確認できました。
d0341514_21220763.jpg
人気の山揃い踏み。
d0341514_21223229.jpg
青空を背に白骨樹。
d0341514_21225589.jpg
d0341514_21230488.jpg
d0341514_21391491.jpg
d0341514_21402913.jpg
ウラジロモミの林の向こうに丸笹山。
d0341514_21405919.jpg
青空と白い雲を背景に剣山・次郎笈。
d0341514_21412870.jpg
塔ノ丸は、すでに見えなくたっているが、三嶺が最後の顔を見せていた。
d0341514_21420032.jpg
元気なウラジロモミと枯れたものか??
d0341514_21423362.jpg
倒木をナイスキャッチ。
d0341514_21430653.jpg
行きには気が付かなかった。フジバカマでしょうか??
d0341514_21434720.jpg
ここは、注意して歩かなければ。
d0341514_21460857.jpg
d0341514_21463862.jpg
R438が見えてみました。間もなく登山口です。
d0341514_21470885.jpg
無事、下山しました。
剣山という人気の山が近いため、車の行き来がさすがに多いです。
d0341514_21480931.jpg
余力と時間があればR438を挟んだ反対側の丸笹山へ登ろうかと密かに
思っていましたが、翌日のことを考えて断念。次回の楽しみに。
お付き合いありがとうございました。ごきげんよう。


登山ブログランキング参加してます。ぷちっと押してください。励みになります。にほんブログ村→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-09-08 21:18 | 山登り | Comments(0)

No 110 山上のロックガーデン(塔ノ丸 1713m) 前

一か月以上山歩きをしないと、ストレスが溜まる感じがしてきます。
次はどこに登ろうか?あの山、この山と思いを巡らせながら考えた結果、
”塔ノ丸”に決定。剣山や次郎笈、三嶺を少し距離をおいて見てみたいと
言う思いが以前からありました。訪問ありがとうございます。


平成29年9月3日 ガス・くもり午後から時々日差し

岡山(372.3)2:48---坂出IC---R438---道の駅ことなみ(トイレ)4:50---剣町(貞光)
---ラフォーレ剣山6:15---リフト駅(トイレ)6:20---登山口(513.7)6:50~7:10---
山頂9:50~10:30---3角点(昼食)12:05~12:45---登山口13:50~14:15----
リフト駐車場14:25~14:50---岡山(654.3)18:10 高速1920x2 走行距離(282km)


ラフォーレつるぎ山の手前にある登山口。つるぎ町方面からR438を走ると
右側にあります。
d0341514_21472587.jpg
森の中は、ガスで薄っすらと白くなっていました。
d0341514_21474054.jpg
登山道は、傾斜がゆるやかで少しずつ登って行きます。
d0341514_21475911.jpg
なかなか幻想的な森です。
d0341514_21475005.jpg
貞光川の源流部といわれるこの箇所だけが、少し注意が必要。
バランスを崩して足を滑らすとズルズルと谷方面へ。
d0341514_21485590.jpg
尾根道に出た。シコクシラベ(シラビソ)の林でしょうか?
白骨樹が混在しています。
d0341514_21511459.jpg
至る所で赤や黄色、青などのテープを巻かれた木が現れます。
倒木などの危険度を表すのでしょうか?
d0341514_21512562.jpg
ガスの中に佇む白骨樹。長年の風雪に耐えながら懸命に
佇んでいます。
d0341514_21513795.jpg

d0341514_21515976.jpg
山上は、すすきの穂が出て秋の準備が始まっていました。
d0341514_21522312.jpg
登山道沿いには、大きな岩が至る所に現れます。
d0341514_21524600.jpg
笹原の中に踏み跡が確認できますが・・・ガスの向こうに
山頂方面が見通せるはずなのですが・・・
d0341514_21531880.jpg
ツリガネニンジン?でしょうか。
d0341514_21541400.jpg
タカネオトギリ
d0341514_21543881.jpg
ツリガネニンジン
d0341514_21560434.jpg
少しガスが上がって来た?遠くが見通せるようになって来ました。
d0341514_21562371.jpg
シコクフウロ
d0341514_21563880.jpg
登山道の左側。南側は、祖谷渓ですがガスがまだまだ晴れそうに
ありません。晴れていれば剣山~次郎笈~三嶺に連なるスカイラインが
見えるはずですが。
d0341514_21570600.jpg
登山道は、笹原の中真っ直ぐに続いています。
d0341514_21581405.jpg
先ほどより明るくなり、祖谷渓を挟んで対面の山肌が少し確認
できるようになりました。
d0341514_21583250.jpg
稜線の向こうに見えるのは石立山。
d0341514_21590656.jpg
シコクシラベの白骨林
d0341514_21594412.jpg
ガスがあがって前方が見えるように。山頂かと思えば・・・
d0341514_22005954.jpg
笹原の中、なだらかに道は続きます。
d0341514_22030604.jpg
やっと山頂がガスの向こうにうっすらと確認できました。

d0341514_22042456.jpg
林の向こうが山頂です。気がはやるばかりです。

d0341514_22050828.jpg
アキノキリンソウ
d0341514_22051343.jpg
山頂直下の少しキツイ登り。緑のネットは、シカの食害防止用ネット?でしょうか。
d0341514_22053036.jpg
林を抜けると山頂が見えて来ました。
d0341514_22055849.jpg
山頂到着9:50 本日2人目だと思われます。
登る途中で、一人(島根の方)が下山。キャンプ泊をして
5時ごろから登ったそうですが、ガスで周りは全く見えなかった
そうです。
d0341514_22062643.jpg
山頂から登って来た方向(東方面)を俯瞰。
d0341514_22072741.jpg
山頂に佇む白骨樹。
d0341514_22075782.jpg
西方面の眺め。笹原の端からは、菅生方面への踏み跡が
あるはずですが・・・
d0341514_22081084.jpg
名頃ダムには、あまり水が溜まってないように見えます。
d0341514_22082337.jpg
三嶺は、まだ雲の中。
d0341514_22085268.jpg

d0341514_22090175.jpg
剣山も雲の中。
d0341514_22095053.jpg
もう少しで三嶺が顔を覗かせそうですが・・・
d0341514_22101756.jpg
南側の丸石、高ノ瀬方面。
d0341514_22103317.jpg
昨夜は、リフト乗り場で車中泊をした岡山のご夫婦。
d0341514_22110370.jpg
天気が回復しそうな気配でしたが、10時30分下山を開始。
d0341514_22112738.jpg
空気がしっとりしていて、笹原の緑が瑞々しい。もう少し留まりたい
気持ちもあったけれど。この時点では、もうひとつの山へという気持ちが
ありました。
d0341514_22114024.jpg
段々と天気が回復する中での下山でした。次回は、下山時の様子を
アップします。ごきげんよう。またのお越しをお待ちしております。

登山ブログランキング参加中です。にほんブログ村→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-09-05 22:58 | 山登り | Comments(1)