No 92 平家平は360度の大パノラマ(2017年5月28日)(前)

瓶ヶ森や伊予富士、寒風山からいつも見ていた冠山や平家平は、いつか登ってみたい山でした。
今週末も天気がいいという予報を聞きながら先週、西赤石山から見た平家平のことが急に
気になりだし、ネットで下調べ。土曜日の仕事から帰って、急遽山歩きの準備にかかりました。
こんにちは 訪問いただきありがとうございます。

下調べが十分でなく、”愛媛県の山”などの情報のみで、見切り発車の感がありました。
新緑の時期に登ってみたいの一心で、今回も早朝に家をでました。

岡山2:42---早島IC3:22---鴻池SA3:33-3:40---高瀬PA4:09(仮眠)4:15---上分PA4:32-4:40---
新居浜IC4:57---マイントピア5:10---中七番P着5:45
登山開始6:00---第二鉄塔8:00(休憩)8:05---第三鉄塔8:44---平家平・三つ森山分岐9:30-9:35
---平家平登頂10:50(昼食、散策)12:40---平家平・三つ森山分岐13:30---第三鉄塔13:55-14:00
----第二鉄塔14:17---第二鉄塔15:10---住友フォレスターハウス16:00---駐車場16:10-16:27---
マイントピア16:50(温泉)18:10---夕食18:27-18:47---家20:21 296.1km 高速代 3410x2


先週も走った県道47号線。東平への入り口の看板をやり過ごしそのまま直進。
大永山トンネルを抜けて住友フォレスターハウスの建つ中七番へ。
d0341514_20301596.jpg
中七番から登山開始。(6:00) 真っ直ぐ奥(新居浜方面) 左折します。
気温は約10度です。
d0341514_20302835.jpg

フォレスターハウスに通じる七番谷川に掛かる橋。休みのため閉鎖されていました。
d0341514_20304417.jpg
住友森の家 フォレスターハウス。(6:10)
d0341514_20305637.jpg
d0341514_20311133.jpg
標識が分かり辛い場所にあったため、登山口が解らずいらいら。
d0341514_20312337.jpg
敷地内を通って進みます。(6:15)
d0341514_20312908.jpg
ここで行き止まり。鍵がかかっているため、中に入り辛い。
駐車場で同着の方から、”敷地内を通らせてもらう”との情報を
もっていたので思い切って中に入り、鍵をかけました。
d0341514_20314168.jpg
まもなく谷川に掛かる橋が現れました。(6:21)
d0341514_20315341.jpg
d0341514_20321184.jpg
またまた橋の出現です。(6:29)
d0341514_20322430.jpg
谷川に沿って道が続きます。(6:42)
d0341514_20330701.jpg
幾度となく谷川に下りて赤い印を頼りに進みます。(7:09)
d0341514_20332746.jpg
赤い印を見落とさないように進みます。(7:15)
一人のためすごく緊張します。
d0341514_20333617.jpg
道はあるような無いような。緊張が続きます。(7:25)
この場所の直前で、右手の沢に迷って入ってしまい、赤い目印を見失い
前に進めなくなり、登山を諦めかけましたが・・・幸い、後続の登山者が
左側の斜面へルートをとるのが見え、元の場所に戻って確認すると、左手に
赤い目印を確認。事なき終えました。(今回の一番のピンチでした。)
d0341514_20334938.jpg
左は谷川。際どいルートが至る所にあります。(7:26)
d0341514_20335916.jpg
山肌に取りつくハシゴが見えました。(7:28)
これで時間をかければ登頂できると確信を持ちましたが・・・
このハシゴを登った先は、登山道が狭く、木の根が張っていて
左下は谷という際どい場所がありました。
d0341514_20342039.jpg
シャクナゲも花散る前の状態。そこらじゅうに花弁が落ちていました。(7:36)
ここから先には、シャクナゲの木が多くみられました。花が残っているのは
僅かで、もう少し早く訪れていれば沢山の花たちが見れたと思うと残念です。
d0341514_20343745.jpg
d0341514_20345525.jpg
鉄塔が見えてきました。(8:00)
ここで小休憩。後続に方から”鉄塔が3回出てきます”という情報を得る。
この時は、ここは第一鉄塔と思っていましたが・・・
d0341514_20351885.jpg
d0341514_20352945.jpg
家内が知人からもらった出雲の土産”御縁もち”。
甘くてとても美味。
d0341514_20355003.jpg
登山道に木の根っこが。(8:17)
d0341514_20363124.jpg
今度は倒木が・・・(8:28)
d0341514_20363846.jpg
森の中には、至る所に大木が見られます。
d0341514_20370141.jpg
朝の光が新緑を透して鮮やかな、新鮮な雰囲気を漂わせています。

d0341514_20372705.jpg

倒木更新。
d0341514_20380524.jpg

d0341514_20391771.jpg

またまた鉄塔です。(8:44) この時は第二鉄塔と思っていました。
d0341514_20392848.jpg
やっと見晴のいい場所に出しました。(8:56)
d0341514_20424057.jpg
背の高い大木が至る所にあります。(9:04)
d0341514_20455545.jpg

d0341514_20460879.jpg
分岐に出ました。ここから左へ。尾根上を歩きます。(9:33)
d0341514_20462522.jpg

d0341514_20471636.jpg
山頂目指して牛歩の歩みです。ここまでに10人ほどに道を譲りました。
d0341514_20474490.jpg

d0341514_20514335.jpg
目指す山頂が見えてきました。(9:43)
d0341514_20520185.jpg

d0341514_20533678.jpg
ますます近づいて来ました。(9:44)
d0341514_20561270.jpg
登ってきた方向を振り返る。大座礼山方面か?。(9:59)
d0341514_21030235.jpg
駆け出したいが・・・足が前に出ない。
d0341514_21043956.jpg
青空に大木の新緑がとても映えていました。(10:05)
d0341514_21060057.jpg
トサノミツバツツジ?でしょうか?盛りを過ぎて間もなく散ってしまいそう。(10:12)
d0341514_21061239.jpg
たどって来た道を俯瞰。後方は赤石山系の山々。(10:17)
d0341514_21093766.jpg
笹ヶ峰やチチ山、沓掛山も見えて来ました。最高の天気です。(10:21)
d0341514_21103845.jpg
笹ヶ峰(左)チチ山(中)沓掛山(右)~黒森
d0341514_21115953.jpg
山頂の岩が確認できるくらいに近づいてきました。(10:43)
d0341514_21135464.jpg
たどって来たコースを見下ろします。(10:51)
d0341514_21153201.jpg
あと一息で山頂です。うれしさが一気に爆発しそうです。長年の願いが叶う瞬間が
近づいて来ました。
d0341514_21161586.jpg
遂に来ました。平家平山頂。(10:54) 気温20度。
d0341514_21174103.jpg
登りでは、道に迷い登山を断念することも頭を過りましたが幸運にも
目的を一つ達成することができました。
またのお越しをお待ちしています。ごきげんよう。

登山ブログランキング参加中です。にほんブログ村→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
















































[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-30 07:49 | 山登り | Comments(0)

No 91 アケボノツツジ咲く西赤石山へ(後)

西赤石山登山の後半です。頂上でランチタイムのあと地図を広げて”山座同定”を。
頂上からは、”平家平””冠山””笹ヶ峰”や遠く”瓶ヶ森””石鎚山”など過去に何回も眺めた山々は、
簡単に特定できましたが・・・その他にも気になる山が。山に登って山座同定をするのが私の
大きな楽しみになっています。

西赤石山には、山頂標識が2ヶ所ありました。こちらが三角点のある場所です。
d0341514_08084450.jpg
兜岩コースや銅山越えから山頂に着いて最初に目にする”山頂標識”です。
d0341514_08111616.jpg
山頂からの新居浜市街地遠望。
d0341514_08115601.jpg
居合わせた人から山名を教えていただきました。東側の山々。
d0341514_08240804.jpg
過去に何度も見た西側の山々。
d0341514_08122777.jpg
以前から気になっている”ぶな林”で有名な大座礼山。初同定です。
d0341514_08455090.jpg
下りで歩く銅山越え方面。
d0341514_08462053.jpg
山頂の直下に後半のルートで最も危険な岩場がありました。
しかし、3点確保を確実にすれば問題はありません。(12:34)

d0341514_08465135.jpg
アケボノツツジと右後方にチチ山と笹ヶ峰。(12:36)
d0341514_08495597.jpg

d0341514_08503018.jpg
一際濃いピンクのツツジ。トサノミツバツツジ?
d0341514_08510044.jpg
アケボノツツジの薄いピンクが新緑の山肌にとても映えていました。
d0341514_08513055.jpg
遥か下方に発着点の東平の集落が見えました。(12:45)
d0341514_08515846.jpg
オオカメノキが登山道脇に咲いていました。(12:50)
d0341514_08522938.jpg

d0341514_08530171.jpg
この花の名前は?
d0341514_08533142.jpg
新緑がきれい。ヤナギのような花?ですが・・・名前が・・・?
d0341514_08540157.jpg
アケボノツツジ。すこし丸みがあってふっくらしています。
d0341514_08543254.jpg

d0341514_08550184.jpg
頂上が遠くなって来ました。(13:00) 
ここまでの下りで両足のふくらはぎと太ももに痙攣が・・・やばい!
この地点では、足が前になかなか進まない状態でした。踏ん張った
側の足が痙攣を起こすため、写真を撮る余裕もなくなり、下山まで
どのくらい時間がかかるのか不安な気持ちでいっぱいでした。
d0341514_08580448.jpg

d0341514_08583992.jpg

d0341514_08590976.jpg

d0341514_08593971.jpg
何スミレ?
d0341514_09000999.jpg
エンレイソウ
d0341514_09003929.jpg
山座同定(13:13)
d0341514_09143674.jpg
山座同定(13:13)
d0341514_09150691.jpg
山座同定(13:13)
d0341514_09153576.jpg
山座同定(13:13)
d0341514_09160549.jpg
アケボノツツジと八巻山・東赤石山。
d0341514_09163522.jpg

d0341514_09174813.jpg

d0341514_09181966.jpg
トサノミツバツツジ(13:48)
d0341514_09184848.jpg

d0341514_09191826.jpg
東赤石山もだんだんと小さくなって行きます。(14:04)
d0341514_09195053.jpg
錆びて読み取りできませんが・・・”~別子登山口”??
d0341514_09222415.jpg
前方に少し開けた鞍部が見えました。何か標識が見えます。(14:15)
東山と表記されている辺りでしょうか?
d0341514_09225559.jpg
振り返れば西赤石山は、見えません。小さなピークを幾つか越えてここまで来ました。
なんとか少しずつ前進しながら目的の分岐(ヒュッテ近道)に到達するのを期待しながら。
d0341514_09233497.jpg
大座礼山も遠くになり手前の山の稜線の向こうに。
d0341514_09240495.jpg
待望の分岐まで来ました。(14:22)
山頂を出発してなんと約2時間近くかかっていました。
d0341514_09245245.jpg
前方の小高いところが”東山”と表記されているところでしょうか?
d0341514_09252271.jpg
”ヒュッテ近道”の標識。数名の若者たちが標識を見ながら、”近道といいながら悪路かも?”
と話しながら通り過ぎていきました。私は勿論”ヒュッテ近道”を選択。(14:23)
d0341514_09255284.jpg
"近道”は、踏み跡もしっかりしていておまけに日陰のため、痙攣も起きることなく
下ることが出来ました。(14:41)
d0341514_09265230.jpg

d0341514_09272346.jpg
”近道”(上)と”上部軌道”(左右)との出会い地点です。(15:14)
d0341514_09283433.jpg

d0341514_09293165.jpg
上部軌道と柳谷コース(手前側)の分岐。奥に進むと銅山峰ヒュッテがあります。(15:18)
d0341514_09310067.jpg
銅山峰ヒュッテ手前の谷川に掛かる橋の袂に咲いていた花。(15:21)
d0341514_09314149.jpg
ヒュッテ横の橋を渡り、歩いて来た方を見返る。
d0341514_09321101.jpg
橋を渡った袂にあった水場。定期的に押し出されるように冷たい山水がホースの先から
流れ出ていました。疲れた体を今一度蘇らせるような美味しい水でした。ペットボトル
に汲んで柳谷コースの下山中にも口を潤しました。
d0341514_09325743.jpg
第一通洞北口。(標高1100m)
d0341514_09334778.jpg

d0341514_09360340.jpg
銅山峰ヒュッテ着。(15:31)
休憩もそこそこにただちに柳谷コースを下山。
d0341514_09363311.jpg

d0341514_09370479.jpg
名も知らぬ小さな花が咲いていました。(15:38)
d0341514_09374358.jpg
柳谷に沿って登山道は緩やかに下って行きます。谷にかかる橋がいくつも
現れました。(15:42)
d0341514_09381828.jpg
"ハコベ”の仲間でしょうか?(15:45)
d0341514_09384922.jpg
2つ目の橋。ステンレス製?でしょうか?網目になっているため谷底が
透けて見えます。
d0341514_09391876.jpg
取水用の設備でしょうか?
d0341514_09394918.jpg
道は緩やかに下って行きます。(15:50)
d0341514_09402422.jpg
3つ目の橋。(15:57)
d0341514_09405453.jpg

d0341514_09412800.jpg
下って来て左に折れます。緩やかに下って行きます。
d0341514_09415819.jpg
テンナンショウ?まむし草?この辺りから下で盛んに
見かけました。(16:06)
d0341514_09422868.jpg
4つ目の橋。(16:11)
d0341514_09431996.jpg
5つ目の橋。(16:15)
d0341514_09453858.jpg
しっかりとしたステンレス製?の橋。谷幅も広くなって水量も豊富です。(16:18)
d0341514_09460729.jpg
小さな滝がいくつも見られました。(16:20)
すこし手振れが・・・・・
d0341514_09463715.jpg
道の様子が変わってきました。(16:29)
d0341514_09470769.jpg

柳谷コースと馬の背コースが出会う地点。(16:30)
d0341514_09473877.jpg
左手の石垣の上に家があったのでしょうか?(16:33)
d0341514_09482345.jpg

d0341514_09485769.jpg
痙攣を起こした足にはだらだら道が応えます。(16:35)
d0341514_09493547.jpg
最後の滝。(16:51)
d0341514_09504078.jpg
第3広場までやっと下りてきました。柳谷コースの登山口横にある第3通洞。(16:53)
d0341514_09511117.jpg

d0341514_09515782.jpg
奥が第3通洞。左折すると柳谷コースへ。(16:55)
d0341514_09525136.jpg
早朝に通った第3広場。左の坂道を登りました。
d0341514_09575513.jpg
坂道を登って変電所の手前を右折して山道に。
d0341514_09572585.jpg

d0341514_09533445.jpg
夕日に映える駐車場への道。(17:07)
d0341514_09582690.jpg
駐車場には3台のみ。(17:08)
d0341514_21302846.jpg

帰りの林道。(17:34)
見上げれば夕日に映える笹ヶ峰。
朝は気が付かなかった。
d0341514_09594285.jpg
県道47号から東平への林道入り口。(17:41)
d0341514_10011244.jpg
林道入り口にある看板。(17:41)
d0341514_10004278.jpg
帰りは道の駅マリントピア別子で温泉に浸かり休憩。(17:50--18:55)
d0341514_10014235.jpg
帰宅は21時30分過ぎでした。
今回は、初めてのコースのうえ途中のアクシデントなどで
すっかり余裕が無くなりました。周辺の銅山遺構などの観光スポットを
見ることなく帰宅しなければならなくなりとても残念な思いでいっぱいです。
また、帰宅して4日目になってやっと通常に近い歩行ができるようになりました。
でも、筋肉痛がなくなると性懲りもなくまた登りたくなるのですよね。(エヘへ)。
長い時間、お付き合いありがとうございました。またのお越しを。


登山ブログランキング参加中です。プチっと押してくれたらうれしいな!にほんブログ村→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-24 21:55 | Comments(2)

No 90 アケボノツツジ咲く西赤石山へ(前)

5月20日(土)早朝に家を出て、四国の新居浜の南に聳える西赤石山へ初登山。
ブログを始めるキッカケをくれた香川のaeさんの新しいブログ”季節を感じに、さぁ行こか!”
を見たからです。アケボノツツジの満開情報(5月15日時点)と晴天予報に誘われて・・・
訪問いただき有難うございます。

参考タイム
岡山2:45---鴻池SA3:35---入野PA4:52---新居浜IC5:00---東平入口5:29
---東平臨時駐車場着5:46(144.4km)
登山開始6:15---索道場7:05---一本松7:07---崩れた橋7:25---(上部軌道跡)
---兜岩方面(西赤石)分岐7:45---兜岩10:00~10:30 ---西明石山山頂11:20~12:30
---(両足痙攣で時間浪費)---ヒュッテ近道14:25---上部軌道出会い15:10
---銅山峰ヒュッテ15:20~15:35---(柳谷コース下山)---柳谷・馬の背コース出会い16:30
---第3広場16:55---駐車場17:10~17:20---県道47出会い17:40---
道の駅マイントピア17:50~(温泉)~18:55---
新居浜市内(食事)---豊浜SA-- - 帰宅21:37(288.4km) 高速代3410x2



県道47を足谷川に沿って南に進むと深く切れ込んだ渓谷が現れた。
四国の山は高くそれを源とする川は、傾斜があり深い渓谷が多い。

d0341514_22053608.jpg
鹿森ダム手前にあるループ橋
d0341514_22054784.jpg
朝陽に照らされる山並み
d0341514_22074851.jpg
清滝トンネルを抜けると間もなく東平への林道入り口がある。(左折する)
d0341514_22081453.jpg
登山者用臨時駐車場着(5:46) 2番目の到着でした。登山者は、駐車場から奥へ
車止めを通過して登山道へと進みます。 

                       
d0341514_22092452.jpg
ここから谷川沿いの遊歩道ぽい道をしばらく歩くと第3広場に出ます。
d0341514_22100731.jpg
d0341514_22112902.jpg
第3広場着。(6:22)
d0341514_22113751.jpg
旧東平第三変電所の煉瓦造りの建物が残っています。
d0341514_22142518.jpg
建物の中は、当時のままでいろいろなものが残っています。
周囲の雰囲気と相まって何か異様な空気が流れているように
感じられました。登山道は、この位置で右折して山道になります。(6:26)
d0341514_22144677.jpg
鉄塔の下を潜ります。(6:42)
d0341514_22145426.jpg
d0341514_22164774.jpg
登山道のすぐ下に、人工的な平地が残っています。かつては人々が生活を
していたのでしょうか?(6:50)
d0341514_09311565.jpg
d0341514_09313201.jpg

上部軌道の一本松停車場。(7:08)
d0341514_22175753.jpg
ここから上部軌道跡に沿って銅山峰方向へ進みます。(7:09)
d0341514_09425199.jpg
新緑が朝日に照らされる中、静まりかえった軌道跡の平坦な道をひたすら歩きます。(7:16)
d0341514_22185343.jpg
進入禁止ロープの先に朽ちた橋が見えます。(7:22)
d0341514_22193991.jpg
谷川に下りて対岸に渡ります。橋は朽ちていますが石造りの橋脚はしっかりしていて
人間用ではなく、トロッコ様に作られたことが想像されます。(七釜谷)
d0341514_22195527.jpg
d0341514_22200920.jpg
人工物の石垣もそのまま残っています。(7:34)
d0341514_22220948.jpg
2つ目に橋も通行禁止です。(7:36)
d0341514_22222197.jpg
裏谷。
d0341514_22225131.jpg
d0341514_22242171.jpg
ここで左折。兜岩、西赤石への登山口へ入ります。(7:45)
平坦な上部軌道跡は、直進方向にヒュッテ手前まで続いています。
d0341514_22254378.jpg
兜岩に向かって山肌をジグザグに登って行きます。
d0341514_22264886.jpg
上を見上げると朝の光に透けた新緑の木々の葉がみずみずしい。(8:29)
d0341514_22270769.jpg
d0341514_22274003.jpg
行く手の登山道に大きな倒木があり、跨いで通過。(8:41)
d0341514_22281086.jpg
d0341514_22281912.jpg
d0341514_22284415.jpg
やっと山頂が望める高度まで来ました。斜面にピンクの花が見えます。(9:12)
d0341514_22294874.jpg
高い枝の先にピンク色をしたアケボノツツジが咲いていました。(初めての遭遇です)9:40
d0341514_22305471.jpg
遠くの山々がはっきりと確認できました。東側から見る笹ヶ峰や瓶ヶ森。(9:50)
d0341514_22321279.jpg
正面には西赤石。北面の斜面にはピンクの色が点在しています。(9:54)
d0341514_22340956.jpg
d0341514_22352741.jpg
d0341514_22373060.jpg

西方面の山々がはっきりと確認できました。(9:56)
d0341514_23040917.jpg
兜岩から西赤石山頂を望む。(10:03)
d0341514_07520699.jpg

d0341514_23062170.jpg
d0341514_23065293.jpg
d0341514_23083156.jpg
d0341514_23100994.jpg
d0341514_23133595.jpg
d0341514_23152100.jpg
d0341514_23233576.jpg
兜岩から俯瞰する新居浜市街地。
d0341514_23252074.jpg
d0341514_23262496.jpg
登山道に下りて山頂を目指します。
手の届かない高い場所にアケボノツツジが咲いています。
d0341514_23270318.jpg
d0341514_23273338.jpg
d0341514_23280392.jpg
d0341514_23283420.jpg
d0341514_23294034.jpg
山頂へ直接通じる最後の急登には、ロープが。登りきるとそこは山頂です。(11:14)
d0341514_23313950.jpg
西赤石山山頂(1626m)到着。(11:18)
d0341514_23320987.jpg
山頂から平家平、冠山を望む。
d0341514_23410641.jpg
三ツ森山~大座礼山方面。
d0341514_23433047.jpg
三ツ森山と別子ダム(右下)
d0341514_23462128.jpg
d0341514_23514755.jpg
山頂での昼食タイムです。コンビニで買ったサバ弁とスムージー、バームクーヘンとインスタントコーヒー。
d0341514_23324632.jpg
天気が良く日陰が無いため、照りつける日差しの下で昼食です。
後から後から続々と登頂し、下山していく人々やのんびり昼食タイムの人たちで
山頂は、大賑わいでした。訪問いただき有難うございました。パート2へも訪問
いただければ幸いです。

登山ブログランキング参加中です。にほんブログ村→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


























































[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-22 11:46 | 山登り | Comments(0)

No 89 散歩の途中で

朝の散歩で出会った花たちです。
訪問いただきありがとうございます。

毎年、5月の中ごろになると白いつりがね状の花を沢山つけます。エゴノキ↓
d0341514_19391155.jpg

d0341514_19340866.jpg
d0341514_19341840.jpg
d0341514_19342812.jpg
”やまぼうし”も花の季節です。白い部分は”苞”と言われ、花は緑の部分だそうです。
d0341514_19345853.jpg
山法師(ヤマボウシ)といえば武蔵坊弁慶が浮かんできます。坊主頭を白頭巾で包んだ出で立ち。
中央の丸い花の部分が坊主頭で、4枚の白い苞が白頭巾になるのでしょうか?名前がいいですね。
花水木(ハナミズキ)が近い種類です。
d0341514_19352498.jpg

ヤマモモの花
d0341514_19362793.jpg
d0341514_19370494.jpg
雌雄別株だそうです。近くに雌雄が生えていないと結実しません。
6月ごろ熟します。落下すると周囲に甘酸っぱい香りを放ちます。
d0341514_19372882.jpg
ノムラカエデでしょうか? 春先でも紅葉しています。
d0341514_19375049.jpg
d0341514_19380451.jpg
d0341514_19382751.jpg
何気なく歩いていても気になる花や木の傍を通る時には、自然と花の付具合や実の付具合が
気になって立ち止まってしまいます。元気に花や実をつけるとうれしくなってしまします。
またのお越しをお待ちしています。ごきげんよう。

季節・四季写真ブログランキング参加中です。にほんブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村







[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-15 20:33 | 散歩 | Comments(0)

No 88 マロといっしょに森林公園再訪(2017年5月5日)

先日見逃した”もみじ滝”が見たくて、家族を誘って再訪です。
薄曇りの中、新緑が少し進み、山野草が盛りを迎えていました。


12時前に到着。
d0341514_21502326.jpg
”キンキエンゴサク”
d0341514_21505209.jpg
”ミヤマカタバミ”
d0341514_21510504.jpg
d0341514_21521284.jpg
d0341514_21522929.jpg

早速、昼食となりました。
d0341514_21524172.jpg
娘撮影↓(Fuji X-A1)
d0341514_21022586.jpg
娘撮影↓(Fuji X-A1)
d0341514_21025542.jpg


”キンキエンゴサク”
d0341514_21532314.jpg
”バイケイソウ”
d0341514_21533363.jpg
d0341514_21535992.jpg
”バイケイソウ”と”ネコノメソウ”
d0341514_21542750.jpg
”ショウジョウバカマ”
d0341514_21551935.jpg

d0341514_21570253.jpg
娘撮影↓(Fuji X-A1)
d0341514_21071498.jpg
娘撮影↓(Fuji X-A1)
d0341514_21085230.jpg


”オオカメノキ”
d0341514_21573447.jpg
娘撮影↓(Fuji X-A1)
d0341514_21044475.jpg

”タムシバ”
d0341514_21580435.jpg
娘撮影↓(Fuji X-A1)
d0341514_21103263.jpg

今日は遊歩道を真っ直ぐに(左へ)
d0341514_21583571.jpg
流れの傍に”ネコノメソウ”
d0341514_21590539.jpg
d0341514_21593552.jpg
”おたからこう”園地。
d0341514_22000679.jpg
d0341514_22003623.jpg
真っ直ぐ奥へ
d0341514_22011058.jpg
新緑に包まれて。
d0341514_22014958.jpg
d0341514_22021929.jpg
d0341514_22025025.jpg
娘撮影↓(Fuji X-A1)
d0341514_21122598.jpg

”エンレイソウ”
d0341514_22032047.jpg
d0341514_22042978.jpg
”ミヤマカタバミ”
d0341514_22051994.jpg
きたけ峰方面は進入禁止。
d0341514_22085976.jpg
新緑の”もみじ滝”
d0341514_22082351.jpg
d0341514_22092881.jpg
d0341514_22095854.jpg
”オオカメノキ”の若葉
d0341514_22102983.jpg
d0341514_22110525.jpg
”ショウジョウバカマ”
d0341514_22113564.jpg
”リュウキンカ”
d0341514_22120600.jpg
”タムシバ””
d0341514_22123640.jpg
d0341514_22130565.jpg
”ザゼンソウ”
d0341514_22133648.jpg
d0341514_22145186.jpg
d0341514_22160126.jpg
d0341514_22163112.jpg
d0341514_22182314.jpg
”もみじ滝”の水量は、雪解けでもう少し多いかと思いましたが・・・。
また紅葉の時期に訪れてみたいと思いつつ家路につきました。
ごきげんよう。

季節・四季写真ブログランキング参加中です。にほんブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村



マルチーズブログランキング参加中です。にほんブログ村 →
にほんブログ村



[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-06 23:07 | ドライブ | Comments(0)

No 87 田舎の庭は花盛り(2017年5月4日)

先週植え付けた野菜の様子が気になって福渡へ。
さつき、おおでまり、こでまり、ミヤコワスレなどが盛りを迎えています。
訪問いただきありがとうございます。

盛りを迎えた花々
d0341514_21101191.jpg
d0341514_20594304.jpg
d0341514_21010623.jpg
d0341514_21000308.jpg
d0341514_21004324.jpg
d0341514_21012557.jpg
d0341514_21013374.jpg
”こでまり”も今がさかりです。
d0341514_21023433.jpg
d0341514_21024651.jpg
”おおでまり”も満開です。
d0341514_21034040.jpg
d0341514_21035678.jpg
d0341514_21070825.jpg
木陰にひっそりと”みやこわすれ”
d0341514_21041904.jpg
d0341514_21044716.jpg
d0341514_21053579.jpg
d0341514_21063019.jpg
d0341514_21065612.jpg
追加で植え付けた野菜たち。
大玉トマト”サターン”2株
d0341514_21083804.jpg
カラーピーマン
d0341514_21084970.jpg
セロリを2株
d0341514_21085755.jpg
オクラを1株
d0341514_21090789.jpg
ズッキーニを2株(イエローと緑)
d0341514_21094315.jpg
d0341514_21095263.jpg
毎日そばで世話ができればいいのですが・・・今は出来ない。
なかなか植え付けた野菜がしっかりと根付いてくれません。
きょう植え付けたものが元気に根付いてくれるのを願うばかりです。
次回の訪問をお待ちしています。ごきげんよう。

季節・四季写真ブログランキング参加中です。クリックを待ってます。にほんブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村






















[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-06 21:43 | | Comments(0)

No 86 森林公園は水芭蕉の季節(2017年4月30日)


快晴の日曜日。4月25日に開園したばかりの岡山県森林公園に行きました。
今年の開園は、残雪が多く少し遅めです。まだ一部の登山道は、危険なため
入山禁止となっていました。訪問いただきありがとうございます。


2017年4月30日 晴天 
岡山7:20--R53--院庄8:40--(ガソリン)--R179--奥津道の駅9:30---公園駐車場9:47--10:00---
入園門10:16--(花撮影)--カエデ園地11:00---千軒平登山口11:08---千軒平12:26~(昼食)~13:15
---もみじ平13:36---県境三叉路14:15--(イワウチワ)--県境登山口14:50--(花撮影)--入園門15:45
---駐車場15:54~16:05---岡山18:21 走行距離 184km

ピンク色が今回のルート。
d0341514_21024200.jpg
公園正門前に立つ案内標識
d0341514_21421726.jpg
管理センターです。花の写真をパネルで展示しています。
d0341514_21424855.jpg

ミズバショウ
d0341514_21434149.jpg
今年は訪問のタイミングが良かったのか”茶色に焼けたような”花は見当たらない。
d0341514_21441058.jpg

d0341514_21444048.jpg

d0341514_21453309.jpg

d0341514_21462191.jpg

リュウキンカ
d0341514_21465163.jpg
ザゼンソウ
d0341514_21472033.jpg

d0341514_21475191.jpg

ショウジョウバカマ
d0341514_21482027.jpg
キクザキイチゲ
d0341514_21494226.jpg

d0341514_21510196.jpg

タムシバ(いぼた園地付近)
d0341514_21513494.jpg
カエデ園地付近
d0341514_21565524.jpg

千軒平方面の登山口(右ヘ)。真っ直ぐ進めば”もみじ滝”方面
d0341514_21572586.jpg
1~2才の女の子を前向きに抱っこして急な斜面を登るヤングファミリー
d0341514_21580591.jpg

見上げると青い空にブナの新緑が映えて眩しい。
d0341514_21584421.jpg
d0341514_21592557.jpg

鳥取県との県境尾根は、明るくて広く遊歩道のようです。
d0341514_22000509.jpg
d0341514_22011807.jpg

d0341514_22014811.jpg

登山道の残雪で先ほどの小さな女の子が雪いじり。通り過ぎる
人が声をかけていました。
d0341514_22022851.jpg
この日出会った一番小さな登山者(ヒヨリちゃん)
d0341514_22025732.jpg

d0341514_22032729.jpg

千軒平付近からの南方面の山並み(山名が特定できれば楽しさも倍増ですが・・・)
d0341514_22125126.jpg
正面の黒っぽい山が”きたけ峰”でしょうか?
d0341514_22132287.jpg

黄緑色の新緑が山肌に映えます。
d0341514_22135188.jpg
千軒平(1090m)。山頂では30人ほどがランチタイムの真っ最中。
d0341514_09051172.jpg

昼食は、カップそば、のり弁ぽいおにぎり・串カツ
d0341514_09032463.jpg
遥か北西の方角に大山がうっすらと確認できました。
d0341514_09182402.jpg
千軒平から”もみじ平”を目指して下る。逆に登りはキツソウです。
            
d0341514_22145314.jpg
d0341514_22153010.jpg

稜線上の登山道は、広くて歩きやすい。
d0341514_22183471.jpg
森林公園の作業員が使用する避難小屋
もみじ平と思うが、標識がなく確認できず。
d0341514_22222284.jpg

d0341514_22231495.jpg

県境三叉路。避難小屋があり、”すずのこ平”と”中央園地”への分岐。
南へ下り中央園地へ。
d0341514_22250048.jpg
d0341514_22254997.jpg

三叉路から10分ほど下った場所で”イワウチワ”の群落に出会う。
島根からの登山者に、すずのこ平方面へ進めば、もっと大きな群落が
あったと聞くも登り返す気力もなく今回は断念。
d0341514_22270474.jpg
イワウチワ
d0341514_22273417.jpg

d0341514_22280464.jpg

中央園地へ向けての登山道。
d0341514_22284864.jpg
d0341514_22292532.jpg

d0341514_22305087.jpg

登山道から遊歩道への合流地点。
d0341514_22313275.jpg
再びキクザキイチゲです。
d0341514_22320172.jpg

ネコノメソウ
d0341514_22324942.jpg
サンインシロカネソウ
d0341514_22331935.jpg

ハシリドコロ(毒アリ)
d0341514_22335269.jpg
ショウジョウバカマ
d0341514_22354985.jpg

d0341514_22373414.jpg

ザゼンソウ
d0341514_22362514.jpg
キンキエンゴサク
d0341514_22365691.jpg

マユミ園地
d0341514_22380433.jpg
管理センター
d0341514_22383444.jpg

公園の正門前にある案内標識にぶら下がっていたピノキオぽい木製の人形
d0341514_22390334.jpg
正門から600mほど下った場所にあるP5駐車場。
1台だけ主の帰りを待っていました。
d0341514_22393751.jpg

雪解け水で豊富な水量の谷川。
d0341514_22404446.jpg
シャッタースピードをスローにして撮影。
d0341514_22414297.jpg

今回は、あまり下調べをせずにルートを選んだため、”もみじ滝”や”すずのこ平”を
巡ることができませんでした。近いうちに再び訪れたいと思っているしだいです。
お付き合いいただき有難うございました。またの機会を楽しみにしています。

登山ブログランキング参加中です。ポチットクリックうれしいです。 にほんブログ村→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-03 21:13 | 山登り | Comments(0)

No 85 福渡は新緑の季節(2017年4月29日)

1週間ぶりの訪問です。
新緑の真っ只中といったところです。お馴染みの花たちが咲き始め、
庭の木々の下には、下草が勢いよく繁茂し始めました。毎週毎週草
との闘いの始まりです。今日も訪問いただきありがとうございます。

1週間前は、まだ薄緑色をしていたボール状の花も今は白くなりました。
花だけを見るとアジサイのようです。
d0341514_17533682.jpg
d0341514_17541693.jpg
d0341514_17542259.jpg
毎年、真紅の花を咲かせます。つつじの仲間だと思うのですが・・・
d0341514_17543930.jpg
d0341514_17545786.jpg
オオムラサキツツジ?
d0341514_17562605.jpg
ヒラドツツジ?
d0341514_17563471.jpg
下草が生えて地面が見えません。
d0341514_17555577.jpg
開花前のコデマリ
d0341514_17552072.jpg
川向うの山も新緑でいっぱい。
エンドウの花も沢山咲いています。
d0341514_17564778.jpg
花が枯れてサヤが付き始めています。
d0341514_17565513.jpg
4月2日に植えたジャガイモ(アンデス)の芽がやっと出ていました。
d0341514_17571860.jpg
サツマイモの苗用、3種類を植える。(紅あずま・安納いも・鳴門金時)
d0341514_17572727.jpg
大玉スイカも植えました。
d0341514_17573596.jpg
中早生の玉ねぎも100本植えましたが・・・今年は最悪の3割ほどの
収穫になりそうです。
d0341514_17580006.jpg
トマトも追加で5株(大玉3 ミニ2)植え付け。
d0341514_17581024.jpg
キャベツ4株がなんとか頑張っています。(7株植え付け)。
ナス2株を新たに植え付けました。
d0341514_17583584.jpg
トウモロコシ2株。何年振りでしょうか?以前は、イノシシ?に
食べられました。
d0341514_17584408.jpg
ジャンボピーマンは、何とか根付いてくれました。大きな実がなるのが
楽しみです。
d0341514_17585360.jpg
西条柿の葉もみずみずしい若葉になっています。
d0341514_17592959.jpg
d0341514_17594850.jpg
ニホンタンポポ。
d0341514_18003698.jpg
d0341514_18004071.jpg
ミヤコワスレが一輪。
d0341514_18005806.jpg
以前、この辺りでは八重桜が咲いたら農作業を始めると聞いたことがあります。
4月初めに植えたキャベツやキュウリなどが育たなかったのは、寒さが影響した
かも知れません。”急いては事を仕損じる”先人の知恵や経験を軽んじるとバチが
当たるとは正にこのことでした。その八重桜も強い風に花弁が飛ばされ舞って
いました。そろそろ初夏へと季節が移り始めているのでしょうか?
次回お会いできるのを楽しみにしています。ごきげんよう。


季節・四季写真ブログランキング参加中です。ポチット押していただけたら幸いです。にほんブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村





















[PR]

by maro-to-sanpo | 2017-05-02 21:32 | 田舎の畑 | Comments(0)