人気ブログランキング |

No 116 最短コースで天狗塚往復-2(2017年10月9日)

引き続き天狗塚登山の情報をアップします。
最後までお付き合い、よろしくお願いします。


ヤマラッキョウの花
d0341514_22073835.jpg
天狗峠付近から天狗塚遠景
d0341514_22080947.jpg
西方向に牛の背が見えます。一見、走って行けそうに見えますが・・・
d0341514_22083206.jpg
天狗塚と牛の背を1枚に。
d0341514_22083759.jpg
天狗峠から約30分ですが・・・写真とビデオを撮りながらのんびりと。
d0341514_22092076.jpg
コメツツジが紅葉していれば最高なんですが・・・・
d0341514_22093911.jpg
紅葉やシラビソ?の濃い緑が薄緑色の牛の背の笹原に
アクセントを加えています。
d0341514_22104200.jpg
下る途中から峠方面を見上げる。右鞍部に少し顔を覗かせているのは
次郎笈です。
d0341514_22100870.jpg
雲ひとつない青空が広がります。
天狗峠(イザリ峠)に向かって登っていく登山者2人。
d0341514_22125751.jpg
d0341514_22132006.jpg
地蔵の頭の西面の紅葉が今盛りなり。
d0341514_22134568.jpg
d0341514_22141033.jpg
d0341514_22170234.jpg
峠と天狗塚の鞍部から天狗塚を見上げる。
d0341514_22143723.jpg
d0341514_22150162.jpg
d0341514_22153897.jpg
巨岩に絡み必死に生き抜くコメツツジ。
d0341514_22155051.jpg
鞍部から南方面には、優しげな綱附森が指呼の間に。
d0341514_22161549.jpg
綱附森のなだらかな笹原をアップで。
d0341514_09511685.jpg
あと少しで天狗塚山頂です。
d0341514_22171212.jpg
天狗峠から約50分かけて山頂へ到着。誰もいない。貸切でした。
d0341514_22180622.jpg
山頂から東北東方面。徳島県の標高BIG3が揃い踏みです。
左から三嶺(1896) 剣山(1955) 次郎笈(1930)
d0341514_22182694.jpg
剣山~次郎笈をアップで。手前の稜線は、三嶺から剣山への縦走路。
d0341514_22340842.jpg
地蔵の頭の紅葉と三嶺。
d0341514_22331965.jpg
いつまで眺めても見飽きない景色です。
d0341514_22330299.jpg
d0341514_22182694.jpg
山頂から牛の背を俯瞰。
d0341514_22190199.jpg
d0341514_22190755.jpg
画面中央の右下の窪地に雨が降ると水がたまり天狗池が出現するというが、
今回は、先日の雨にもかかわらず池はできていませんでした。
d0341514_22193768.jpg
d0341514_22343798.jpg
山頂直下の笹の斜面に獣道が見られます。
d0341514_22350067.jpg
d0341514_09510089.jpg
d0341514_09544977.jpg
下山途中から峠方面を遠望。グループがこちらに向かっています。
d0341514_22365736.jpg
d0341514_09572760.jpg
地蔵の頭付近の黄葉、紅葉。
d0341514_22380200.jpg
d0341514_22390027.jpg
d0341514_22384463.jpg
d0341514_22402562.jpg
山頂アップ。
d0341514_22393289.jpg
d0341514_10110818.jpg

天狗峠まで戻り、そのまま三嶺方面へ踏み跡を辿って綱附森・三嶺分岐まで
足を延ばす。
d0341514_22404390.jpg
三嶺西面。
d0341514_22411831.jpg
綱附森分岐付近から。
d0341514_22413973.jpg
地蔵の頭。突き当りに三嶺・綱附森分岐の標識がある。
右手に進めば綱附森方面。左手に進めばオカメ岩経由西熊山、三嶺へ。
d0341514_22464521.jpg
d0341514_22415360.jpg
d0341514_22440416.jpg
分岐からオカメ岩避難小屋~西熊山への鞍部付近。
d0341514_22423415.jpg
分岐付近からの天狗塚。
d0341514_22430706.jpg
分岐付近から東北東方面の遠望。
d0341514_22443540.jpg
分岐付近から西の方角に天狗塚
d0341514_22452009.jpg
天狗峠から西山林道への下山途中にて。
d0341514_22490662.jpg
オカメ岩避難小屋で夜を明かす2人ずれ。明日の天気を信じて
登って行きました。
d0341514_22500618.jpg
標高が下がり、背の高い木々が多くなってきました。
d0341514_22503822.jpg
d0341514_22510831.jpg
d0341514_22520269.jpg
1476三角点まで下山。(中間点)                
d0341514_22523287.jpg
まだまだ急傾斜の下りが続きます。
d0341514_22530591.jpg
d0341514_22533576.jpg
d0341514_09411971.jpg

d0341514_22540618.jpg
登山口の鉄製階段が見えて来ました。
d0341514_09404362.jpg
少し遅れて数人の登山者が下山。
d0341514_22554163.jpg
帰宅準備をしながら徳島からのHさんご夫婦と雑談。この日の天狗塚への登山者の多さに
びっくりしたと。確かに事前に入手した情報よりは、かなり多いと感じながら
の登山でした。最後に写真送付の約束と、ブログ掲載の許可をもらって別れました。
d0341514_22561216.jpg
登山口の前に4~5台の駐車スペース。また写真の左方向へ少し歩いた
辺りにも空き地があるようでした。取り敢えず無事の下山で一安心でした。
d0341514_22543641.jpg
d0341514_18355022.jpg
今回の西山林道(農道)への入り口は、R439の上の標識を右折して入りました。
林道工事は、祝日のため”解除”となっていましたが、途中で不安になり一旦、標識まで
戻り、当初予定していた三嶺タクシー前の細い道から谷川を渡り少し進むも、ここでも
狭くなる道に不安が大きく成り、再びR439まで戻り、再度意を決して上記の標識
から再チャレンジ。林道は、細く、すれ違える場所は限られており、未舗装部分も随所
にありました。帰路も同じコースを走りましたが・・・反対方向へ抜けたほうが道の
状況もいいとの情報もあり、おまけに”いやしの温泉郷”の前を通るので、汗を流せる
ことができるため、再度訪れることがあれば立ち寄りたいと思います。

今年は、初夏の西赤石山や平家平そして7月の笹倉湿原、9月の塔ノ丸に続いて今回の
天狗塚と初めての場所にチェレンジし、大きな怪我もなく目的を達することができて
幸運でした。これからも安全を心掛けて背伸びをせずにのんびりと山歩きを楽しめたら
と願っています。お付き合いいただきありがとうございます。ごきげんよう。

登山ブログランキング参加中です。→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by maro-to-sanpo | 2017-10-13 22:26 | 山登り | Comments(0)

山歩きや愛犬の散歩、畑の話題


by ohchan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る