人気ブログランキング |

No 84 快晴の伯州山へ(平成29年4月23日)

昨年は、4月9日に登りましたが登山道に残雪は全くありませんでした。
1週間前に訪れた人の情報をたまたまネットで見つけましたが・・・
登山道の残雪と雪解け水に悪戦苦闘の末、途中であきらめて下山した
とありました。もちろん、イワウチワも咲いていなかったとのこと。
快晴の23日(日曜日)、淡い期待を抱いて花を求めて伯州山へ出発。
途中、奥津温泉の道の駅で、マイクロバスの登山客と遭遇。直感的に
目的が同じと思い、休憩なしで一路登山口へ急行しましたが・・・・
すでに登山客の車や小型バスなどでスペースは、ほぼ埋まっている
ありさま。辛うじて1台分のスペースを見つけで駐車することができ、
ホット一息ついていると、先ほど出会ったマイクロバスが到着。
今日も訪問いただき有難うございます。

今年初めての山歩きの記録(参考)
岡山7:30--(R53)--院庄9:00--(R179)--(赤和瀬渓谷)--登山口着9:45
--登山開始10:05--滝谷コース・遊歩道分岐10:25--(遊歩道コース:イワウチワ撮影)
--滝谷コース合流11:20--伯州山荘12:20--山頂12:30--(昼食)--下山開始13:20
--伯州山荘13:30---(尾根コース:イワウチワ撮影)---尾根コース・遊歩道合流14:30
---遊歩道入口15:00--登山口着15:15--登山口出発15:30---(奥津道の駅)--院庄17:00
---岡山着18:30     走行距離 188km

昨年は、全く無かった雪が庭に積み上げられていました。(最奥の民家)
今年は、人懐っこいおばあちゃんには会えませんでした。ここが滝谷コース
の登山口です。
d0341514_09543289.jpg

歩き始めてすぐに残雪のお出迎えです。昨年より2週間も遅いにも関わらずこの光景です。
今年の雪の多さが解ります。
d0341514_09563745.jpg
間もなく落石エリアを通過。脆そうな斜面です。
d0341514_09571633.jpg
林道には、残雪があり、雪解け水が流れています。春を感じる瞬間です。
d0341514_09592956.jpg
真っ直ぐ進むと下道(滝谷コース)で最短コース。今年も右の遊歩道を歩きました。
d0341514_10000569.jpg
歩き始めは、イワウチワの蕾ばかりでしたが、やがて開花したものが多くみられるようになりました。
雪解けが遅れて、開花していないかと思っていましたが、目的が達せられて一安心です。
d0341514_10014161.jpg
遊歩道には、整備された丸太の階段が多くあります。これが案外と足に負荷をかけます。下るときは転倒に注意です。
d0341514_10022225.jpg
d0341514_10031064.jpg
d0341514_10040456.jpg
新緑の芽生えがすでに始まっています。
d0341514_10062964.jpg
階段はまだまだ続きます。
d0341514_10065964.jpg
d0341514_10075000.jpg
d0341514_10082000.jpg
d0341514_10420007.jpg
遊歩道の終点近くの高台から見下ろす下道(滝谷コース)
d0341514_10431289.jpg
d0341514_10434278.jpg
滝谷コースを行く登山者たち。
d0341514_10442450.jpg
d0341514_10445858.jpg
滝谷コースの登山口方面。(合流地点より)
d0341514_10453353.jpg
遊歩道(奥側)から滝谷コースへの合流地点。
d0341514_10460397.jpg
合流するとすぐに雪解け水の流れる谷川を渡渉します。
d0341514_10483814.jpg
残雪の登山道を上へ上へとひたすら登ります。
d0341514_10490753.jpg
d0341514_10493726.jpg
d0341514_10511039.jpg
避難小屋が見えてくるとあと僅かで山頂です。
d0341514_10514174.jpg
伯州山荘。木々に葉が無い今は、明るく解放感いっぱいです。
d0341514_10521055.jpg
山頂から東方面。
d0341514_10540639.jpg
山頂から南東方面。(那岐連山方面か?)
d0341514_19011720.jpg
山頂から南。鏡野町上斎原方面。

d0341514_10561495.jpg
大山も今日は、はっきりと見えました。
d0341514_18304062.jpg
まだ雪山の大山の東面。
d0341514_18283328.jpg

登山者で賑わう山頂。
d0341514_10593913.jpg
静かになった山頂。
d0341514_11090167.jpg
山頂からの戻り、山荘の裏側。下山は山荘表側から尾根道を通って。尾根道への入り口が
細い竹が絡んで分かりにくい。
d0341514_17190090.jpg
尾根道へ少し入ったところでタムシバを見つける。青い空に白い色が
良く映えていた。
d0341514_17194004.jpg
尾根道から谷越しに山頂方面を見る。
d0341514_17204972.jpg
d0341514_17220130.jpg
尾根道を20分ほど下ったあたりからイワウチワの群落が。道の至る所に群落を
形成していた。
d0341514_17223238.jpg
d0341514_17232292.jpg
尾根道より木の枝越しに上斎原方面を見る。
d0341514_17240575.jpg
d0341514_17250115.jpg
イワウチハ以外で気になったので。名前が不詳。
d0341514_17253257.jpg
d0341514_17260147.jpg
d0341514_17263122.jpg
d0341514_17270135.jpg
d0341514_17273183.jpg
d0341514_17280150.jpg
新芽前で明るい尾根道。
d0341514_17283219.jpg
d0341514_17290815.jpg
d0341514_17293852.jpg
天に向かって伸びるブナの木。
d0341514_17301955.jpg
d0341514_17305014.jpg
d0341514_17312762.jpg

尾根道(手前)から遊歩道(横、日陰部分)への合流地点。
d0341514_17320631.jpg
青い空にタムシバの白い花が良く映える。
d0341514_17324102.jpg
中腹まで下ると新芽がみずみずしい。
d0341514_17335319.jpg
d0341514_17355234.jpg
d0341514_17362148.jpg
d0341514_17365298.jpg
雪の重みで曲がっても根性で頑張っている。
d0341514_17381341.jpg
遊歩道と滝谷コース合流地点。(登りと同じ場所)
d0341514_17563464.jpg
合流地点から頂上への登山道。(滝谷コース)
d0341514_17384320.jpg
合流地点から登山口方面。
d0341514_17391363.jpg
夕方まで雲もなく晴天に恵まれる。
d0341514_17394227.jpg
登山口に到着。残雪あり、イワウチハありの最高の1日になりました。
d0341514_17401343.jpg
沢山いた車は何処へ?静かな山村に戻っていました。
d0341514_17411495.jpg
朝、家を出る時にはこんな晴天が続くとは思いもせず。イワウチハには、会えないかも知れないと
心のどこかで思っていましたが・・見事にいいほうに裏切られました。今度は、秋に再訪問できれば
いいな。お付き合いいただき有難うございました。またのお越しを楽しみに待っています。

登山ブログランキング参加中(クリックよろしく)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






























































名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by maro-to-sanpo | 2017-04-24 20:40 | 山登り | Comments(0)

山歩きや愛犬の散歩、畑の話題


by ohchan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る