久しぶりに愛犬マロのアップです。
カメラを向けるとすぐに下や横を向くため、
中々写真に納まらないマロ。最近は携帯で
隙を見て写すばかりです。カメラ嫌いにした
のは、私かも知れません。
前回のアップからかなり時間が経っています。
この間、10/18の誕生日も過ぎて只今9才と
なりました。
本日も訪問いただき有難うございます。

カットして間もないころ(9月28日)
d0341514_21215800.jpg
d0341514_21230393.jpg
d0341514_21231322.jpg
d0341514_21244277.jpg
d0341514_21250103.jpg

散歩途中で草の中に顔を突っ込み、出てきた時は
顔の左半分にびっしりと草のタネがくっついて
いました。これでもだいぶタネを取り除いたのですが
毛に絡まり、全部取り除くのに3日ほどかかりました。
d0341514_21253625.jpg
色違いのボーダー柄です。もらい物だそうですが・・・
どうも買った店は同じみたいです。100円shop。
d0341514_21295891.jpg
d0341514_21303629.jpg
d0341514_21310303.jpg
d0341514_21312292.jpg
これからも隙を狙っての写真撮りになりそうです。
次回のマロアップはいつになるでしょうか???
お楽しみに。ごきげんよう。


にほんブログ村









[PR]
by maro-to-sanpo | 2016-11-26 22:04 | 愛犬 | Comments(0)

No 65 宇甘渓の紅葉

ネットの紅葉見頃情報に誘われて訪問すること3回。
11/7に訪れた時は、どこが見頃??の状態でした。
辛うじて車道沿いにある数本の木が赤くなっている
程度で、肝心の山や川沿いの木々はまだ染め初めと
いうところでした。今回は、11/13と11/16の紅葉
具合を紹介します。訪問いただきありがとうございます。

11月13日
神庭の滝の紅葉が目的で、北に向かう途中に気になり立ち寄り。
前回よりは、川沿いのモミジがかなり赤くなり秋らしさを感じ
ることができました。正面の山肌も赤が目立ち始めていました。
d0341514_18022801.jpg
赤橋近くのモミジもまだほとんどが緑です。
d0341514_09232521.jpg
シンボルの赤橋です。
d0341514_18025832.jpg
d0341514_18032954.jpg
d0341514_18035931.jpg
d0341514_18042945.jpg
11月16日 
3日前より多少色づきが進んでいるようでした。
d0341514_18053438.jpg
赤橋近くのモミジもようやく赤や黄に色づき
始めていました。
d0341514_18060356.jpg
順光で見るもの綺麗ですが・・・私は逆光で
見るモミジが大好きです。
d0341514_18063386.jpg
逆光です。
d0341514_18070484.jpg
3日前よりだいぶ色づいていました。
d0341514_18073879.jpg
d0341514_18080801.jpg
d0341514_18083865.jpg
車道沿いのモミジの木は、ピークを迎えて
いました。
d0341514_18090999.jpg
以前は赤橋を渡ると対岸の川沿いにある遊歩道
を川下に数百メートル歩くことができましたが、
がけ崩れの危険があるということで、ここ数年
は、散策が禁止となっています。
d0341514_18093822.jpg
対岸の遊歩道を歩くと川下に紅葉する木がかなりあり、
逆光でみるモミジの美しさは、なかなかのものです。
また、進入禁止が解除されることを祈るばかりです。
d0341514_18100987.jpg
d0341514_18105315.jpg
今年の色づきは、かなりいい色具合だと思いましたが、
残念なことは、遊歩道をゆっくり散策できなかった
ことです。今朝のニュースでは、有甘渓の紅葉は、
散り始めとなっていました。冬がやってきますね。
次回の訪問を楽しみにしております。ごきげんよう!

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村















[PR]
by maro-to-sanpo | 2016-11-24 09:48 | 美しい | Comments(0)

神庭の滝と勝山美しい森との分岐で車を止められ、
駐車場が満車と言われたため、急遽、近くの星山
登山に変更。美しい森にあるビジターセンタを
目指し林道を上へと進む。秋も深まってきました。
訪問いただきありがとうございます。


平成28年11月13日
神庭の滝/星山分岐(10:50)---途中見事な紅葉樹(11:00)---美しい森入口(11:13)
---駐車場(11:20--11:35)---東登山口(11:40)---標高800m(12:25)---標高860m(12:48)
---8合目(13:07)---山頂(13:20--14:25)---標高900m(14:41)---前山コース分岐(15:51)
---前山山頂901m(14:56)---下の分岐(15:07)---東登山口(15:36)---駐車場発(15:55)
---買い物(16:20--16:40)---帰宅(18:20)



勝山美しい森を目指し林道を走行途中で出会った
金色に眩しく輝くカエデ?の黄葉。
d0341514_20364200.jpg
d0341514_20365925.jpg
d0341514_20370822.jpg
林道の途中から望む星山(右)と前山(左)
d0341514_20464027.jpg
d0341514_20465150.jpg
美しい森入口で出会った紅葉
d0341514_20465884.jpg
d0341514_20472870.jpg
登山者専用駐車場。20~30台は駐車出来そう。トイレあり。
d0341514_20475139.jpg
東登山口のあるビジターセンタをめざし進む。
d0341514_20482111.jpg
木々の間から見える三坂山
d0341514_20485449.jpg
ビジターセンタ展望台からの眺め
d0341514_20501769.jpg
東登山口から山歩き開始です。
d0341514_20503891.jpg
足元を見て歩いていたため、この横枝でシコタマ頭を
打ってしまいました。
d0341514_20510738.jpg
良く整備された登山道が続きます。
d0341514_20512490.jpg
d0341514_20514387.jpg
リンドウの花もお出迎え。
d0341514_20520689.jpg
d0341514_20523340.jpg
d0341514_20525442.jpg
d0341514_20533740.jpg
なだらかな山道が続きます。
d0341514_20531936.jpg
柏の葉っぱでしょうか?1枚だけ落ちていました。
d0341514_20542407.jpg
黄葉した木々を眺めながら上へ上へと登って行きます。
d0341514_20551674.jpg
星山へ1km、登山口へ1km
d0341514_20555076.jpg
最初の分岐を右へ進みました。前山をスルーするコースです。
左へしばらく行くと前山/星山分岐があります。(下山時に確認しました)
d0341514_20562518.jpg
太陽がもう少し照ると一段と鮮やかに映えるのですが・・・残念
d0341514_20573703.jpg
東の方向。三坂山や遠く那岐連峰でしょうか?
d0341514_20593840.jpg
右端が三坂山。一番奥が那岐連峰?
d0341514_21011804.jpg
桧の林で西登山口コース、前山経由コースと合流
d0341514_21030511.jpg
前山の笹原に見える登山道
d0341514_21041937.jpg
d0341514_21053415.jpg
2年ぶりの星山山頂。貸切です。
d0341514_21064861.jpg
d0341514_21075412.jpg
今日は北方向に大山や蒜山を確認することができました。
d0341514_21085601.jpg
蒜山三座をアップ。
d0341514_21091469.jpg
大山もアップで。
d0341514_21092680.jpg
一人ぼっちの昼食タイム
d0341514_21110980.jpg
櫃ヶ山への縦走路を少し北へ歩くと大山が良く
見えました。
d0341514_21132914.jpg
d0341514_21151923.jpg
アキノキリンソウ
d0341514_21153566.jpg
下山途中の木々の黄葉
d0341514_21155813.jpg
d0341514_21162582.jpg
前山コース途中から紅葉の星山を望む
d0341514_21190639.jpg
奥に進めば数分で前山山頂(901m)でした。
d0341514_21192587.jpg
d0341514_21221807.jpg
前山山頂
d0341514_21223117.jpg
下山時は、霞がひどく山々がすっきりと見えません。
d0341514_21245498.jpg
d0341514_21254491.jpg
下側の分岐です。登りは右を進み、下りは左(前山)から。
d0341514_21261328.jpg
d0341514_21264475.jpg
間もなくビジターセンタです。
d0341514_21271315.jpg
ビジターセンタまで下山。
d0341514_21273083.jpg
駐車場へ。
d0341514_21373574.jpg
d0341514_21380552.jpg
最後の1台です。
d0341514_21383659.jpg
滝と紅葉を見物する予定を山登りに急遽変更。
念のため登山準備をしていたのが幸いでした。
静かな山登りを楽しむことができました。
またのお越しを。ごきげんよう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






















































[PR]
by maro-to-sanpo | 2016-11-15 22:51 | 山登り | Comments(0)

21年ぶりに大山に登りました。調べてみると1995年の秋の日に登って
いました。当時、登る途中は、晴れ間が見えていたようですが、頂上は雲の中。
今回も何故かほぼ同じような天候になってしまいました。
久しぶりの更新です。訪問いただきありがとうございます。


10月30日(日) 曇り時々晴れ間  参加者7人(うち2名大山寺散策)

自宅発3:15---給油(29.55)---R180---高梁4:15---R180---新見4:50---R180---江府---鍵掛峠6:15
---大山寺6:45(148.7km)-------登山口9:26---標高900(9:35)---2合目10:03---標高1000(10:06)
---3合目10:23---標高1100(10:25)---4合目10:37---標高1200(10:44)---5合目10:57---6合目11:29
---標高1500(12:12)---8合目12:35---山頂13:05-----下山開始13:50---7合目14:37---6合目14:54---
3合目15:35---1合目16:06---登山口16:20---------大山寺発17:00---岡山着20:10(total 296.1km)


登山口駐車場が満杯になる前にと思い、午前3時過ぎに出発したけれど、
大山の絶好の展望台(鍵掛峠)も満杯で駐車できず通過。午前7時前に
駐車場に着いたときには駐車スペースは、かろうじて1台あり、なんとか
駐車できました。紅葉シーズンと休日で晴れ予報などいい条件が重なり
出足の早さにびっくり。

大山環状道路の三の沢付近からの大山(6時30分ごろ)
d0341514_20344224.jpg

登山開始(9時30分ごろ)
d0341514_20404696.jpg

d0341514_20412674.jpg


初っ端から階段の登りです。この階段状の登りは、頂上近くまで続くことに
なります。
d0341514_20414172.jpg

d0341514_20421231.jpg

d0341514_20425154.jpg


標高1000メートル付近通過(10時過ぎ)
d0341514_20430549.jpg
延々と階段状の登りが・・・
d0341514_20433161.jpg

3合目通過(10時20分過ぎ)
d0341514_20435695.jpg
黙々とひたすら登る。
d0341514_20442703.jpg
良く整備された登山道です。大山の人気の高さが納得できますが・・・
年齢を重ねた私には、じわじわとフクラハギや太もも、腰にダメージが
蓄積されます。
d0341514_20445039.jpg

d0341514_20454969.jpg

ナナカマドの実でしょうか?登山道の至る所で赤い実が見られました。
d0341514_20455830.jpg
標高1200メートル付近通過(10時40分過ぎ)
d0341514_20463728.jpg
薄晴れ空にブナの黄葉が映えます。
d0341514_20464856.jpg
やっと林を抜け、三鈷峰が見えてきました。
d0341514_20471159.jpg
三鈷峰とナナカマドの赤い実
d0341514_20481445.jpg

d0341514_20482063.jpg

d0341514_20483281.jpg
6合目避難小屋で休憩(11時30分ごろ)
d0341514_20490486.jpg
紅葉の盛りを迎えた三鈷峰方面
d0341514_20493041.jpg

d0341514_20505655.jpg
三鈷峰の右、稜線の中ほどにユートピア避難小屋が見えます。
d0341514_20510373.jpg
下を見れば登山者の列が見えます。
d0341514_20514662.jpg

8合目を過ぎてやっとなだらかな斜面が現れました。
d0341514_20523226.jpg
頂上に着くころにはガスがかかり視界も不良。
d0341514_20524758.jpg
頂上着は、13時過ぎでした。風が強く寒い中でも大勢の登山者が
石碑のまわりから離れません。一瞬の隙をついてシャッターを。
d0341514_20530177.jpg
頂上小屋も満杯状態でしたが・・・辛うじて5人分のスペースを確保して
慌ただしく昼食をとり、14時前に下山を開始。
d0341514_20531808.jpg

d0341514_20535439.jpg

d0341514_20541606.jpg

d0341514_20552540.jpg
別の木道で下山をしましたが・・・結局、登りで通った場所に登り返すことに。
d0341514_20554264.jpg
登りで足や腰に疲れが蓄積しているため、下りでも足裏や膝にかなり
負担がかかります。
d0341514_20560754.jpg
階段状の登山道では、段差があるため下りにも神経を使います。
d0341514_20562056.jpg

d0341514_20562786.jpg
1合目まで下山。(16時過ぎ)
d0341514_20565612.jpg
マムシ草の赤い実
d0341514_20570947.jpg
登山口まで下山(16時20分ごろ)
d0341514_20572977.jpg
山頂では視界が悪く、写真撮影がほとんどできず残念でしたが・・・
転倒もなく無事下山することが出来て一安心でした。ただし、
足腰の劣化をあらためて感じた1日でもありました。
次回の訪問をお待ちしています。ごきげんよう。!







































[PR]
by maro-to-sanpo | 2016-11-02 23:11 | 山登り | Comments(0)