瓶ヶ森で石鎚山をバックにした雲海を堪能した帰りに東黒森へ
登りました。林道から30分ほどで山頂に立つことができて、
そのうえ石鎚、瓶ヶ森、自念子、伊予富士~笹ヶ峰まで見通す
ことができます。展望は、一級品です。
訪問いただきありがとうございます。






d0341514_21530537.jpg
d0341514_21531365.jpg
d0341514_21532322.jpg
東黒森への往復で写した展望写真です。

d0341514_21533886.jpg
d0341514_21540581.jpg
d0341514_21551451.jpg
d0341514_21533886.jpg
d0341514_21542861.jpg
d0341514_21552755.jpg
d0341514_21560872.jpg
d0341514_21562672.jpg
d0341514_21563440.jpg
d0341514_21565723.jpg
d0341514_21573143.jpg
d0341514_21575541.jpg
d0341514_21581455.jpg
d0341514_21590185.jpg

伊予富士方面
d0341514_21582508.jpg
笹ヶ峰をアップで。
d0341514_21592496.jpg

瓶ヶ森、西黒森(右)方面
d0341514_21584469.jpg
瓶ヶ森アップ

d0341514_21591688.jpg


d0341514_22001790.jpg

d0341514_22005590.jpg
d0341514_22004187.jpg
d0341514_22010646.jpg
d0341514_22014036.jpg
d0341514_22015385.jpg
d0341514_22020803.jpg
d0341514_22022264.jpg
d0341514_22024252.jpg
d0341514_22025777.jpg
d0341514_22033857.jpg
d0341514_22035792.jpg
d0341514_22042029.jpg
d0341514_22043153.jpg
d0341514_22045272.jpg
d0341514_22055348.jpg
d0341514_22064879.jpg
当初の計画では、10月9日の予定でしたが、仕事が入り、仕方なく
1日繰り下げました。が結果的にこれが大吉と出ました。
何が幸いするかわかりませんね。本当にラッキーでした。
次回の訪問をお待ちしています。ご機嫌よう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





[PR]
by maro-to-sanpo | 2016-10-13 22:34 | 山登り | Comments(0)

No 61 石鎚山は雲の上

体育の日、1年ぶりにUFOライン(瓶ヶ森林道)を走りました。
このところ台風の接近で雨の日が多く、林道の傷みが気になりましたが、
大きな損傷もなく、有意義な1日を過ごすことができました。
昨年は、紅葉の最盛期に(10月18日)笹原散策を堪能しました。
今回は、素晴らしい雲海に恵まれたうえ、昨年頂上であった親子づれ
にも再開することが出来て、奇跡の1日となりました。
しばらくぶりの更新になります。
訪問いただきありがとうございます。

10月10日(月)
自宅発2:45---早島IC3:11---西条IC4:34---旧寒風山トンネル南口5:50---瓶ヶ森駐車場6:45
---散策開始7:14---東の川・女山分岐6:50---女山山頂8:42---男山10:08---駐車場11:10---
東黒森登山口11:30---東黒森山頂12:10---13:10---東黒森登山口13:42---旧寒風山トンネル南口14:30
---道の駅木の香温泉15:00---16:30---自宅着19:30
★写真を撮りながらののんびりタイムです。 走行距離約375km


瓶ヶ森林道からの夜明け(6:14)
d0341514_20440789.jpg
石鎚山地の北側、主谷から吹き上がり稜線を越えて高知側に下る雲海(6:26)
d0341514_20442373.jpg

南を見れば穏やかな夜明けの高知側の山々
d0341514_20445563.jpg

d0341514_20451378.jpg

稜線を越えて北側から押し寄せる雲海
d0341514_20453612.jpg
朝陽に映える瓶が森東面と北から(愛媛側)寄せる雲海
d0341514_20472900.jpg

瓶ヶ森の西に見える雲海とはるか上空の晴空
d0341514_20475803.jpg
瓶ヶ森登山口は、霧の中(7:14)
d0341514_20480746.jpg
d0341514_20481246.jpg
少し登ると青空が見えてきた。(7:20)
d0341514_20482815.jpg
雲海の上にちょっぴり頭を見せる石鎚山(素晴らしい1日の始まり)
石鎚山および周辺の山々が雲海と見せる素晴らしい表情の変化が最高でした。
d0341514_20484287.jpg
d0341514_20492346.jpg
d0341514_20511294.jpg
d0341514_20520907.jpg
d0341514_20523658.jpg
d0341514_20534194.jpg
d0341514_20532371.jpg

瓶ヶ森と筒上山、手箱山の谷間に溜まる雲海
d0341514_20535579.jpg
d0341514_20540571.jpg
d0341514_20541328.jpg
d0341514_20553480.jpg
d0341514_20563326.jpg

まるで池からあふれ出る水のような雲海。

d0341514_20563888.jpg
d0341514_20564715.jpg

愛媛側の主谷から吹き上がり、林道を飲み込む雲海
d0341514_20572484.jpg
d0341514_20573743.jpg
d0341514_20590384.jpg

遥か南の山々がくっきりと。
d0341514_20583230.jpg
瓶ヶ森山頂(8:42)
d0341514_21002934.jpg
d0341514_20592539.jpg
d0341514_21014682.jpg
東には、雲海の向こうに笹ヶ峰

d0341514_21020997.jpg
南側の谷へ吹き降りる雲海
d0341514_21031249.jpg
d0341514_21031827.jpg
d0341514_21032417.jpg

雲海の向こうに冠山~平家平~~~剣山地??
d0341514_21034584.jpg
d0341514_21042450.jpg

石鎚山、瓶ヶ森、筒上山、手箱山に囲まれた谷に溜まった雲海が南側に溢れ出す
d0341514_21050870.jpg
d0341514_21051486.jpg
d0341514_21055468.jpg
d0341514_21060585.jpg

東の西黒森~笹ヶ峰に至る稜線の北側にも雲海が溜まっている。
d0341514_21064112.jpg
d0341514_21070292.jpg
d0341514_21073050.jpg

大きな池から溢れ出るような雲海。滝雲のようです。
d0341514_21074988.jpg
d0341514_21082140.jpg

瓶ヶ森から東方面(手前:西黒森)
d0341514_21090577.jpg
雲海の浮かぶ霊峰石鎚山
d0341514_21102658.jpg
d0341514_21111191.jpg
d0341514_21112622.jpg
d0341514_21113571.jpg
d0341514_21120239.jpg
d0341514_21120797.jpg
雲海の上は秋の空
d0341514_21122961.jpg
女山山頂方面と秋雲
d0341514_21124800.jpg

大保子谷の向こうに沓掛山(右)と黒森山(左)
d0341514_21130370.jpg
西黒森(手前)と笹ヶ峰(中央奥)
d0341514_21132152.jpg

自念子(右)東黒森(中)伊予富士(左)
d0341514_21133395.jpg
男山山頂
d0341514_21135833.jpg
d0341514_21140318.jpg

男山から駐車場への途中から東方面
d0341514_21145677.jpg
雲海が少なくなった谷間の向こうに石鎚山
d0341514_21151135.jpg

d0341514_21160171.jpg
d0341514_21164953.jpg
d0341514_21170486.jpg

下を見ればひっそりと咲くリンドウの花
d0341514_21171758.jpg
d0341514_21194847.jpg
ウラジロモミの向こうに石鎚山
d0341514_21182977.jpg
笹原にぽつんと立つ白骨林と石鎚山
d0341514_21185606.jpg

男山東面の岸壁と秋空
d0341514_21184044.jpg
d0341514_21193288.jpg
間もなく駐車場。
d0341514_21202696.jpg
一度はこの目で見たかった瓶ヶ森からの雲海と石鎚山。
空気も澄んで気持ちのいい散策でした。
そして瓶ヶ森を後にして帰り道に東黒森へ寄り道。
それでは次回の訪問をお待ちしています。
ごきげんよう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村











[PR]
by maro-to-sanpo | 2016-10-11 23:07 | 山登り | Comments(2)