一夜明けると風は治まり晴天の朝を迎えることができました。
明け方まで吹いていた強風がウソのような静けさです。
二日目の始まりです。

11月5日(日)参考:写真とビデオ撮影を含めた自分時間です。
国民宿舎6:55---樹氷-----瓶ヶ森登山口7:32~(朝食)~8:05---男山8:54~8:59---女山9:20~9:30
---吉野川源流碑10:10~10:20---西黒森11:20~11:31 ---自念子ノ頭13:20~13:45---林道13:59
--(車移動)---瓶ヶ森駐車場14:15~14:30---道の駅木の香17:15~18:00---岡山着20:35
走行距離:418.4km ガソリン:21.44Lx124.07/L 高速料金:早島~坂出1950x2 坂出~西条1620x2
(2日間:写真約370枚、ビデオ:220カット)


国民宿舎石鎚からの朝の瓶ヶ森。
d0341514_21202845.jpg
運よく石鎚山方面の朝焼けを見ることができました。紅葉が終わった
木々には樹氷も見られました。
d0341514_21204234.jpg
子持権現方面の樹氷。
d0341514_21205546.jpg
岩黒山にも樹氷ができていました。(土小屋駐車場より)
d0341514_21230504.jpg
土小屋~よさこい峠で見かけた樹氷。
d0341514_21214582.jpg
d0341514_21232085.jpg
d0341514_21234781.jpg
d0341514_21213414.jpg
d0341514_21235710.jpg
瓶ヶ森駐車場にある登山口。山歩きの始まりです。
d0341514_22052372.jpg
d0341514_22060209.jpg
男山への途中から南を眺めると幾重にも山並みが南へ南へと
続いていて最後には霞の彼方に消えていくようです。
d0341514_22065163.jpg
晴天に聳える霊峰石鎚山。
d0341514_22073555.jpg
シコクシラベの白骨樹と石鎚山。
d0341514_22080448.jpg
ウラジロモミの向こうに石鎚山。
d0341514_22084479.jpg
瓶ヶ森氷見二千石原と石鎚山。
d0341514_22092276.jpg
男山山頂にて絶景に見とれる山仲間。
d0341514_22100051.jpg
これから向かう西黒森や遠く笹ヶ峰、冠山、平家平、赤石山系が
望まれる。
d0341514_22111134.jpg
こぶこぶの山は、伊予富士。
d0341514_22115070.jpg
昨日登った東黒森(中央)とこれから目指す自念子ノ頭(右)。
d0341514_22122884.jpg
男山山頂。
d0341514_22131445.jpg
瓶ヶ森最高点の女山を望む。
d0341514_22151249.jpg
瓶ヶ森ヒュッテが修復中のようです。今回は、直接男山に
登ったため、近くで確認することはできませんでした。
1981年に東ノ川~瓶ヶ森~石鎚~成就へと単独縦走したときに
幾島ご夫妻が守っていた旧の瓶ヶ森ヒュッテに泊まりました。
夜、遅くまで山の話を聞かせていただいたのが懐かしく思い
出されます。その後2回お世話になりました。
d0341514_22154852.jpg
平原の北側に見える修繕中の瓶ヶ森ヒュッテ。
d0341514_22161829.jpg
女山山頂付近から東を。西黒森(右)と寒風山(中)笹ヶ峰(左)。
d0341514_22174238.jpg
女山から男山と後方に手箱山と筒上山。
d0341514_22190535.jpg
白猪谷の紅葉。
d0341514_22194088.jpg
瓶ヶ森最高点の女山にて。
d0341514_22201149.jpg
快晴の瓶ヶ森山頂で小休憩のあと、西黒森~自念子ノ頭目指して縦走を
しました。次回の更新をお楽しみに。ごきげんよう。


登山ブログランキング参加中です。にほんブログ村→にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
山歩き
[PR]
by maro-to-sanpo | 2017-11-09 22:25 | 山登り | Comments(0)