No 55 剣山は花の季節

キレンゲショウマという稀少植物の名前を初めて聞いたのは数年前です。
剣山を舞台にしたNHKのドラマでした。たしか”天涯の花”という題名でした。
いつか見たいと思いつつ、今まで叶いませんでした。梅雨明けが発表され
この花について調べると、開花が7月末~8月中ごろと知り、行くなら今と
早朝に家を出発しました。
久ぶりの更新です。訪問いただきありがとうございます。

2016年7月30日(土)
(行き)岡山(2:54)---早島IC(3:24)---鴻池SA(3:40)--1950円--坂出IC--R438--貞光(4:56)
---見越リフト乗り場(6:17)
★登山口(6:50)---リフト下くぐり(7:13)------西島神社(7:51)---リフト西島駅(8:18)---
刀掛け松(8:47)---(キレンゲショウマ群生地へ反時計回り1周)---刀掛け松(10:45)---尾根コース---
剣山頂ヒュッテ(11:37)--(散策)--山頂1955m(11:53)---次郎笈/見越分岐(12:32)----
次郎笈山頂1930m(13:25~13:45)---次郎笈/見越分岐(14:39)---二度見展望台(14:54)---
御神水(オシキミズ)(15:06)---大釼神社(15:16)---リフト西島駅(15:45)---西島神社(15:55)---
リフト下くぐり(16:22)---登山口(16:48)
(帰り)リフト乗り場(16:50~17:15)---葛龍バス停(17:55)---
つるぎの宿岩戸(温泉400円)(18:30~19:30)--徳島道(美馬IC)---(1780円+1950円)---
早島IC---帰宅(22:16)

5:29つづろ堂
1980年にこの”つづろお堂”のバス停に下りて、ここから山道を歩き、
夫婦池にある剣山荘(現在は、ラフォーレつるぎ)まで約4時間。
翌日、見の越からリフトに乗って剣山へ。次郎笈、丸石を経て避難小屋
付近から祖谷渓へ下り奥祖谷かずら橋にたどり着いたことが思いだされ
ます。28才の時でした。船と電車とバスを利用しての2泊3日の山旅でした。
d0341514_19582909.jpg
d0341514_19574749.jpg
今は、進入禁止となっています。
d0341514_19565472.jpg
ラフォーレつるぎを過ぎ、見の越手前付近から見える次郎笈(1930m)
d0341514_20013467.jpg
同じ場所からの剣山(左)と次郎笈(右)
d0341514_20020446.jpg
祖谷渓の向こうに三嶺もクッキリと見えました。
d0341514_20023436.jpg
6:28 リフト乗り場の駐車場には、10台ほどがすでに来ていました。
d0341514_20031183.jpg
6:50 登山口
d0341514_20034119.jpg
登山口の階段に咲くシシウド?
d0341514_20043347.jpg
d0341514_20050203.jpg
名前不明です。
d0341514_20053333.jpg
ウバユリ?
d0341514_20060284.jpg
ギンバイソウ
d0341514_20063276.jpg
7:13 リフト下トンネル通過
d0341514_20095249.jpg
ヒメシャラの大木
d0341514_20104634.jpg
トゲアザミ
d0341514_20111570.jpg
7:50 西島神社
d0341514_20114617.jpg
タカネオトギリ
d0341514_20123651.jpg
7:57 次郎笈が見え始める。
d0341514_20131009.jpg

d0341514_20142287.jpg
雲に隠れる三嶺
d0341514_20164870.jpg
8:18 リフト西島駅
d0341514_20175541.jpg
西島駅のリフト乗り場傍に咲くニッコウキスゲ
d0341514_20182502.jpg
ナンゴククガイソウとニッコウキスゲ
d0341514_20185477.jpg
ナンゴククガイソウ
d0341514_20192502.jpg

d0341514_20195562.jpg
山頂ヒュッテまで食料の運搬中。
d0341514_20202477.jpg
イブキトラノオ
d0341514_20210426.jpg
トゲアザミ
d0341514_20215913.jpg
8:47 刀掛けの松。ここから左手に進路をとり、キレンゲショウマの群生地(2か所)を
周回しました。
d0341514_20223521.jpg

d0341514_20230640.jpg
シコクフウロ
d0341514_20235410.jpg
ナンゴククガイソウ
d0341514_20242452.jpg
カニコウモリ
d0341514_20245555.jpg
ソバナ
d0341514_20262567.jpg
左手に進むとだんだんと道は、悪路になり、足元はぬかるみ、危険な場所の
通過も再々あり、緊張が高まります。
d0341514_20265747.jpg
シシウド
d0341514_20273215.jpg

d0341514_20280377.jpg
ソバナ
d0341514_20283493.jpg
オタカラコウ
d0341514_20292716.jpg
初めてのキレンゲショウマ(黄蓮華升麻) 。登山道は、劣悪で危険が
いっぱい。足場もぬれていて滑りやすい。
d0341514_20295767.jpg

d0341514_20312308.jpg

d0341514_20315933.jpg

d0341514_20322938.jpg

d0341514_20330270.jpg

d0341514_20335327.jpg
最初の群生地を下ると、一ノ森方面への分岐がありました。
多分、この場所は、2004年の秋に一ノ森ヒュッテ泊の帰りに利用したルートかも知れません。
あのころは、キレンゲショウマのことを意識していなかったので、うる覚えですが・・・たぶん
歩いたことのある道だと。古い記憶が蘇って来ました。
d0341514_20344369.jpg
地面は苔むしていて、年中、湿気が多い場所なのかと・・・
d0341514_20373123.jpg

d0341514_20380048.jpg

d0341514_20383121.jpg
谷底からまた2番目の群生地に向けて登り返しがあります。

d0341514_20390119.jpg

d0341514_20393238.jpg

d0341514_20400237.jpg

d0341514_20403282.jpg

d0341514_20400237.jpg

d0341514_20410250.jpg

d0341514_20421162.jpg

d0341514_20424189.jpg

d0341514_20431150.jpg

d0341514_20434144.jpg
レイジンソウ
d0341514_20441188.jpg
カニコウモリ
d0341514_20444854.jpg
10:45 一周して元に戻って来ました。
d0341514_20482075.jpg
ここから、尾根コースで剣山山頂をめざして登ります。
d0341514_20452309.jpg
シコクフウロ
d0341514_20485062.jpg

d0341514_20492041.jpg

d0341514_20511068.jpg

d0341514_20515967.jpg
トゲアザミ
d0341514_20535962.jpg

d0341514_20542995.jpg

d0341514_20545937.jpg
タカネオトギリ
d0341514_20552958.jpg
シバ犬のハナちゃん
d0341514_20560732.jpg
11:37 頂上ヒュッテ到着  登山者でいっぱいです。若い男女、子供連れ、グループなどなど。
山歩きスタイルの人、身軽な服装の人など格好も様々です。
d0341514_20574436.jpg

頂上ヒュッテは、大勢の登山者で賑わっていました。くつろぐ人々を横目に、頂上へ。
続きは、後日アップ予定です。またのお越しをお待ちしています。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



































































[PR]
Commented by パンちゃんパパ at 2016-08-27 11:05 x
キレングシュウマ、一周出来るんですね。
知らずに、引返しました。
花の名前、参考になります。
Commented by maro-to-sanpo at 2016-08-27 23:31
パンちゃんパパさん、お久ぶりです。
8月に入って、剣山へ行かれたんですね。黄蓮華升麻が見頃だったのでは?
ブログにアップされてた、丸太の階段、危険ですよね。濡れていたので、用心して上がっていたのですが・・・足が滑って転んで、危うく花咲く草斜面へ落ちるところでした。周りにたくさんの人がいて、とても恥ずかしい思いをしました。お二人とマロたんの行動力が羨ましいです。ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by maro-to-sanpo | 2016-08-02 22:18 | 山登り | Comments(2)